2011年04月17日

Under The Dome

posted by 新策論 at 05:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月16日

Under The Dome

I see the Bad Moon Lising.jpg
町の東の雲から顔をのぞかせた巨大な満月が見える。色といい形といい、ざっくり切ったばかりのピンクグレープフルーツそのままだ。
posted by 新策論 at 22:10| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月15日

Under The Dome

住宅街.jpg
小ぎれいな住宅がならんでいるイーストチェスターの新興住宅地のほうをずっとふりかえっていた。明かりが消えている家がほとんどだった。家に発電機がないか、あるいは燃料を節約しているのだろう。
posted by 新策論 at 16:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月14日

Under The Dome

小川.jpg
背後からプレスチール川のせせらぎがつぶやき声のように聞こえていた。北西からチャスターズミルに流れ込んでいるこの川は、途中をドームにさえぎられてしまったため水位が低下していた。
posted by 新策論 at 23:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月18日

小堀遠州

小堀遠州という名を聞いたのは、多分二〇代の頃。日本庭園のデザイナーとして記憶していた。
しかし、なんで名前が僕の故郷の「遠州」なんだろうと?ずっと、気になってはいた。
小堀遠州1.jpg
でも、昨年こんな本を読んで全てが氷解した。
本名は小堀政一。駿府城普請奉行、つまり静岡市にあった駿府城の建設を任され、以後小堀遠州と呼ばれるようになったという、、、。
 しかし、その多彩ぶりたるや凄まじい。
まづ、千利休の後継者としての茶人であり。桂離宮の設計者であり。多くの日本庭園の作庭家でもある。
近年茶の湯の人気が高まったり、ブルーノ・タウトが激賞した桂離宮の再評価が建築界で高まったりで、数々の出版物が出ているが、利休のように映画や小説になったり、織部のように漫画化されたりはしていないので、
一般的にはそれ程知られていない。
 さて、僕の生まれた現牧ノ原市の隣町、島田市に「茶の郷」という施設があり、そこに遠州の茶室と庭園を再現したものがあるとの情報をネットで見つけたので帰郷の折尋ねてみた。
小堀遠州2.jpg
抹茶とお菓子でもてなしてくれる。器はこれも故郷の焼き物「志都呂焼き」。
小堀遠州3.jpg
にじり口からの庭の様子。
小堀遠州4.jpg
遠州好みの特徴でもある、砂刷り天井。利休のものより明るめで軽いニュアンスが「奇麗さび」と呼ばれる所以。
小堀遠州5.jpg
庭園にある東屋の天井が成る程桂離宮を彷彿させる。
しかし、灯台元暗しとはこの事、今の今まで全く知らなかった。
地元の人に聞いても誰も知らない、、、。
先日の小布施の北斎館の様に、日本の地方には日本人が知らない貴重なお宝がまだまだ有るような気がして来た。
小堀遠州6.jpg 
これは、我が家に昔からあった志都呂焼きの壷。
子供の頃は「なんか真っ黒い地味な花瓶」と思っていたけど、もしかしたら貴重なものかもしれない、、、。
Twitterはhttp://twitter.com/#!/Shinsakuron
posted by 新策論 at 11:53| Comment(4) | TrackBack(0) | 美術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月13日

文春文庫の新刊。

文春文庫新刊.jpg
文春文庫の最新刊です。大沢さんの「魔女の盟約」は去年出た、「魔女の笑窪」の続編となります。「魔女の笑窪」をお読みになった方は引き続きどうぞ。今回は、韓国、中国、日本を舞台に主人公の水原と白理(バイリー)が闇組織に立ち向かうお話。この物語の中の記憶に残ったせりふ。「金持ちになるには決まった方法しかない、1,人より努力する。2,人より運が良い。3,人より悪い事をする。」なるほど、、、、。
折原さんの「漂流社」は15年程前に出たものを今回文庫化したものです。表紙の絵からもわかるように、延々海ばかりの風景がづっと続きます。

Twitterはhttp://twitter.com/#!/Shinsakuron
posted by 新策論 at 11:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月24日

Merry X'mas

メリークリスマス1.jpg
メリークリスマス.jpg
「Merry X'mas 」僕の絵本「ちいさなまち」を買って下さった方々。有り難う御座いました。
第二弾の絵本に取りかかっておりますが、本年中は中々時間を確保する事ができずに月日が流れてしまいました。
来年こそ出版出来るよう頑張りますのでお待ち下さい。
また、まだ購入されてない方々、お話のラストではこんな絵が用意されています。ご家族に、恋人に、プレゼントに
迷った時は是非。テンペラ絵の具と油絵の具を時間をかけて塗り重ねた、食べて無くならないケーキです。
では、皆様良い週末を、、、、、。
posted by 新策論 at 16:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月22日

葛飾北斎

 もしもヴィム・ヴェンダースがいなかったら小津安次郎は今日のように世界的に有名にならなかったかもしれない。
同様に、葛飾北斎も、もしもゴッホやモネがいなかったら無名の画工のままだったかもしれない、、、。
北斎1.jpg
今や、この絵を見たら日本はおろか世界の人が北斎と認識しているだろう。

しかし、日本で広く知られるようになったのはヨーロッパでジャポネスク運動が起こったからであり、生前は貧しく晩年は、ここ小布施村の豪農商高井 鴻山の元で屋台に意匠を施したり、 鴻山に絵を教えながら暮らしていたと言う。
北斎2.jpg北斎3.jpg
これが晩年の北斎が過ごしたアトリエ。世界的な画家の仕事場とは思えない質素な家だ。
北斎4.jpg
これは鴻山記念館で頂いた画稿。
北斎が鴻山に絵の描き方を指南するために作った、教則本というか言わば塗り絵。
菊の花の線描の脇に塗る絵の具の色が指定してある。
鴻山は北斎の事を「先生」と呼び。北斎は鴻山の事を「旦那さん」と呼んでいたという。

時々呟いています。Twitterはhttp://twitter.com/#!/Shinsakuron
posted by 新策論 at 11:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月21日

小布施

近年、観光立国という言葉が囁かれ、地方を観光によって盛り上がようという機運が盛んだ。
だが、荒涼としたシャッター商店街を訪れようという物好きはあまりいない。
サイト・シーイングに値する町並み、景観を提供しようとする試みは急務である。
小布施1.jpg
ここ、小布施の町並みに対する取り組みは昨年こんな本の出版もあり、ご存知の方もいるかと、、、、。
ただ、古い町並みを保存するのではなく時代に即した修景を施すのが小布施流なのだと、、、。
小布施.jpg
  
地元特産の栗の木のブロックを敷き詰めた小道。
小布施2.jpg小布施3.jpg
小道沿いのイタリアンとテラス。
小布施4.jpg
シックな佇まいの小布施堂。
この裏には蔵を改造したレストラン。
宿泊施設〼一客殿もある。
小布施5.jpg小布施6.jpg小布施7.jpg
道の脇や家々の間に水路の風情も美しく、また散歩のBGMとしても心地よい。
小布施8.jpg
ランチは地域の特産そば粉と林檎を使ったガレットとシードル
小布施9.jpg小布施10.jpg
畑の中の田舎道を歩いていると人懐っこい猫がカメラに向かってポーズ。
小布施11.jpg
夕暮れの小布施駅。
なによりも質素で時間が止まったような長閑さがこの街の魅力。
慌ただしい都会から、しばしエスケープしたい人にはお勧めの土地です。

時々呟いています。Twitterはhttp://twitter.com/#!/Shinsakuron
posted by 新策論 at 11:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月20日

渋温泉

僕の好きな温泉旅館は別所「花屋」とかここ渋温泉のように新幹線からローカル線に乗り換えて、最終駅に位置している。
今や日本は戦後の再開発の波に飲み込まれ、どこもかしこも鉄筋コンクリート。
かつての日本の面影が残っているのはこういうローカル線の奥の山の麓だけなのかもしれない、、、。
渋温泉1.jpg 
さて渋温泉、今回は金具屋さんに宿泊。一切釘を使っていないという木造建築が圧巻。

旅館の中に風呂が八つもあり、路地にでるとまたいたる所に風呂がある。
旅館で借りた鍵を使ってそれぞれの風呂を巡るというシステム。雪が降っていたので少し散歩しては風呂で暖まり、、を繰り返す。
渋温泉2.jpg
自動車の入り込まない路地は観光の基本です。
渋温泉3.jpg
旅館の間に巡らされた細い迷路的な路地も素晴しい。
渋温泉4.jpg
道ばたに温泉卵が。
渋温泉5.jpg
池に流れ込んでいるのも温泉なので鯉や金魚が冬でもほっこり。
渋温泉6.jpg渋温泉7.jpg
これは食事をする大広間。天井の意匠がすごい。
ここでラウンジやったら、いい感じと思ったら、すでに「温泉音楽」というイベントがあるらしい。
ひなびた温泉町というとお年寄りの憩いの地という先入観があるが、客も従業員も驚くほど若い。
「千と千尋」や「サマーウォーズ」の影響もあるのかもしれなが、
二〇代の若者の間で「愛国消費」という平和で美しい日本を愛する消費形態が広がっていると、今朝の新聞に書いてあった。
posted by 新策論 at 12:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする