2015年06月29日

新装版「魔術はささやく」

魔術はささやく1.jpg
ギキーーィィイイ(ブレーキの音)
ドッカーン(追突)
ウィーーーーウィーーー(パトカーのサイレン)
時折街でおきる悲惨な事件。
魔術はささやく2.jpg
しかし、この若い女性は何故信号を無視して車の前に飛び出したのだろう?
何者かに追われていたのだろうか?
視線を左にずらすとガード下の壁に魔術師のような影が、、、。
もしかして魔術師がいて彼女に何かをささやいたのだろうか?
もしそうだとしたら何の理由で?
何が目的で?
魔術はささやく3.jpg
1989年に出版された「魔術はささやく」の新潮文庫新装版が出来ました。
今から25年前、宮部みゆきさんがまだ20代の頃の作品ですが複雑な構成といい、
緻密な細部の描き込みといい、まさに今の「ソロモンの偽証」などのミステリー小説の原点という作品です。
デザインは新潮社装幀室の児玉裕子さん。
今回は昭和に書かれた作品という事もあり絵柄もデザインも若干レトロな感じを意識しています。
魔術はささやく4.jpg
帯も4色+特色の五色刷で背の文字が手書きだったりと凝った作りになっています。
どうぞ、本屋さんで手に取ってお確かめ下さい。
img_0.jpg
さて、話が脱線しますがこの写真を見て下さい。
なんか、有楽町や新橋に比べると道が広いし文字も読み慣れない?
そうこれはベルリンの高架下なのですが、実はあの日比谷あたりの高架下は
ドイツのデザインを模したのか実際ドイツ人が設計したか?という話を以前聞きました。
そう言えばあそこって昔からドイツビアホールがあったりしますよね。
images-1.jpg
01678032202.jpg
また、東京駅はアムステルダム駅と印象が近いし東京のモダン建築とかレトロ物件と言われるものは
どこかヨーロッパの匂いがしますね。

最後に色を塗っている時思った単純な疑問。
赤信号、黄信号、青信号って言うけど正確には青というよりエメラルドグリーン信号ですよね。笑。
posted by 新策論 at 20:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック