2013年03月27日

実は80年代は今とは全く異なったポップでフラットな作風の絵を描いていました。
例えばそこに紫の色面をおきたかったら、皿で紫の色を作り平筆で均一に塗る、まるで平面構成のような手法の絵を描いていました。
それが、今みたいに何層にも色を重ねるようなスタイルに変わったのにはあるきっかけがありました。
それが、どんなきっかけか?と、いうと。
 ある日、テレビを見ていたらどこか地方の特産品についての番組をやっていて紅花の説明をしていたんです。
「紅花はサラダ油の原料であり、また喪服を染める際にも使われます」と、ここで、ああッと疑問が生じた訳です。だって、サラダ油は分かるけど、喪服は黒なのになんで紅が??
 しかし、ここからがなかなか奥が深い話で、、、、、
まづ白い布を紅花の赤色素で下染めし、その上に黒染料を何層も重ね染めをする事によって深く品のある漆黒を表現すると言うんですね。
 なるほど、黒に染めたきゃ一度黒い染料で染めて終わりにすれば良いものを、何層にも重ねて深みを出して行くという。
 この喪服の着色法に感化されて、もう一度古典絵画の彩色方法を勉強してみたらこれが奥が深い。
いわゆる現代のポップな絵のように白い画面に塗り絵をして終わりというのではなくて、昔の絵は不透明、半透明、透明の絵の具をうまく使い分けて何層にも重ねて深みを出している。
また、これは絵の話だけに留まらずプラスティックのお椀と漆塗りの椀のように工芸の世界なんかでも同じような事が言える。
まあ、その頃からいわゆる近代以降の美術っていうものにどんどん興味が無くなって行ったんですが、、、。

 そんなわけで黒い絵は黒い絵の具を淡々と塗っていれば良いのではなく、様々な色を重ね漆黒を深めて行きます。
ビッグドライバーイラスト.jpg 
例えば、この絵の場合まづ最初に白い画面に鉛筆でデッサンをかなりかちっと描きます。
その上に土性の赤茶色が被り、テンペラで描きおこし、その上からラズールという極めて透明度の高いウルトラマリン、マゼンダ、アンバー、ディープグリーンなどを何層にも重ね黒を深めて行きます。
それは、多分、青や赤や緑のガラスが重なりあって、黒いガラスになるような感じをイメージして頂くと良いかと思います。
ビッグドライバー2.jpg
さて、これにて、「星も無く、深い闇」完結。
ビッグドライバー3.jpg
「ビッグ・ドライバー」来月の初旬の発売をお待ち下さい。
















posted by 新策論 at 21:52| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
うーーん(^0^)>
そう言われて見ると、余計に微妙な色使いが感じられます。
ただ技術は進んでるのでしょうが印刷は難しいでしょうね・・・
お久しぶりです。
いろんな本が出て、紹介の更新も楽しみです。
買ったり、図書室で借りたり、
がんばっておいかけます〜

今年桜が早かったですね。
勝間田川の桜並木も今週末の桜まつりの前に散ってしまいそうです。

Posted by やすこ at 2013年04月01日 21:11
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/353020997
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック