2011年12月14日

社家町

地価というのは需給関係によって決まる。簡単にいうと人気のある土地は値段が上がり、そうでない場所は下落する。だからその時々の人が何を望むかで地価は変動する。人々が便利を優先すれば駅やコンビニに近い事が価値をもつが、しかし、少し歩いたほうが健康に良いのではという風潮になれば駅近はさほど価値が無くなるかもしれない。
 さて、今までの日本人といえば、利便性ばかりが重要視され急行が止まるとか駅に近いとかにこだわり、その場所が美しいとか風情があるなんて事はあまり地価に反影されなかったような気がする。
というか日常の語彙の中に「情緒」とか「風情」なんて言葉が存在しなかったといってもさしつかえないかもしれない。
豊かさの尺度がいつもFullでMoreな状態。最新の家電とか食べ物に囲まれていさえすればしあわせという。
ただ、そんな日本人のマインドにも少なからずも変化が訪れているような気がする。
近頃よく耳にする「断捨利」とか「ダイエット」なんていう言葉には「腹一杯」より多少なりとも「美」を優先しようという意思が感じられる。Moreも良いけどLessも良い。足し算も良いけど引き算も良いというふうに変化しつつあるかもしれない。
 これはもしかしてBigとかJumboを良しとするアメリカの影響が薄れて、かつての日本人の中にあった清潔で簡素な美を取り戻したいという願望のあらわれかもしれない、、、。
なんて事を考えたのは上賀茂神社に向かうタクシーの道すがら、やけに新しい家やマンションが目立ったので運転手さんに尋ねたところ、「1割が今までいた人達で9割が新しく移り住んで来た人達ですゥ」という答えが返ってきたからだ。
つまり多くの若いファミリー層がこの土地に引き寄せられているというのだ。理由は「地下鉄にのれば町中へのアクセスも良く町中より空気がきれい」という事らしいのだが、社家町(しゃけまち)と言って神社に使える人達が住んだ社家が点在する上賀茂神社付近はとりわけ不思議な懐かしさと美しさに包まれている。
上賀茂1.jpg
神社から流れ出るきれいな水が
上賀茂2.jpg
家々の前を流れ、人々は橋を渡って家の玄関に至る。
上賀茂3.jpg
流れがカーブした所に立つ大きな楠が風景に変化を与えている。
上賀茂4.jpg
ススキと雑草に覆われた橋の家、どうやら廃屋ではなく詫びた野趣の演出のようだ。
上賀茂5.jpg
良い感じにエイジングが施されたサーモンピンク(シャケ色)の壁。
上賀茂6.jpg
家々の軒先にも魅力的な細部が、、。
上賀茂7.jpg
とにかく水の流れる音を聴きながら歩いているだけでしあわせな気持ちに浸れる不思議な魅力をもった
町なのだ。





posted by 新策論 at 10:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック