2011年11月09日

冬支度

 何年か前ベルリンに行った時の事。デパートでソックスを買おうとしたら店員に「足のサイズは幾つ?」と聞かれた。
「いや、靴じゃなくて靴下を買いたいんだけど」と言おうとして、待てよと考えた。
例えばドイツ人はジョッキに生ビールを注ぐ際も、印刷された目盛りを睨みながら寸分も狂わずピタっと注ぐ。
真面目で正確さを大切にする国民性なのだ。もしかしてソックスにも靴みたいにサイズがあるのかも?と、、、、。
そう、ドイツのソックスは日本の昔の足袋みたいにサイズ指定がある。フリーサイズじゃない。
おまけに封を開けると変な箇所にワンポイントマークが、、、。
いや、RとL。右と左という印なのだ。
そのせいで暖かく、走っても全然ずれる事もない優れもの。
冬仕度.jpg
このFALKEのソックス今は日本でも人気みたいで下北沢の商店街でも売ってる。
取りあえず風邪の予防は足元から。
クリスマスのプレゼントにも良いかもね
posted by 新策論 at 10:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック