2011年10月25日

おかげで国産車?

ふと気がつけば十月も終わりに近づき今年も余すところ僅か約二ヶ月。このブログなんと四ヶ月もほっぽっておいた事になりますが皆様お変わりないでしょうか?六月に入院して一ヶ月程休むはめになったので、その後はたまっていた仕事を片付けて行くのが精一杯。ツイッターで一日何回か呟くのがやっとで、正直なところブログを書く余裕がありませんでした。
 ただ、身体の方は御陰さまですっかり回復して退院後血糖値を抑えるため打っていたインシュリンも先月で終了し、入院時に9,2もあった血糖値ヘモゴロビンA1cも今は4,9まで下降しました。
 はっきり言って医者も僕自身もこんなに早く健康体になれるとは予測していなかったのですが、一つには手軽に血糖値を計測出来る機械が出来たり、無痛針が開発され自分でインシュリン治療が可能になった事。また新しく開発された薬品の威力などによるところが大きいと思います。
 後は比較的早く日々の運動を再開したこと。また、毎日の食事の影響もあるようです。食べ物は入院した際のメニューに習ってなるべく日本の定食みたいなもの。一汁一菜+魚とか肉みたいな献立を選んでいるんですが味噌とか納豆みたいな発酵食品って身体に良いみたいですね。
 まあ当然の事ながら糖尿病治療なわけですから甘いものは全て御法度。ジムで飲むものもスポーツドリンクから今は水に変えましたが。慣れてしまえば新たな日常。ニューノーマル(笑)。健康も病気も生活習慣から来るものなんだなと実感しています。
 多分人が日々口にするもので最低限必要なものは、朝、昼、晩の三度の食事でその他のおやつとか煙草とかは惰性の習慣のようなもの。無くてよいものなんだと思います。
 例えばその昔ケーキといえば、バースデイとかウエディングとかクリスマスみたいな特別な日に頂くものだった。それが日常茶飯事になってしまった現代がむしろ異常で、そんな風潮に流されても結果として人は幸福にならないような気がします。
 なんて言うとなにかすごくストイックな生活をしている修行僧みたな生活を想像されるかもしれませんが、毎日欠かさずお酒は頂いていますし、時には甘いもの食べます。只、入院時に胃が小さくなったのか、意外にすぐ満腹感に満たされる。言わば燃費の良い国産車的な身体になったかなと思う今日この頃であります。
posted by 新策論 at 21:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック