2006年08月20日

理由

サイトをリニューアルしてからずっと続けてきたドイツの記事もようやく
終わり一段落。読んで下さった皆様、有り難うございました。また、次にどこか違う都市の記事を書こうと思っておりますが、只今検討中です。
では、何故、僕はブログで外国の都市の記事を書くのでしょう?その理由を説明すると。
1、まず、日常の出来事(日記のようなもの)は退屈で書く気がしないから。

2,今まで自分が旅行に行く際、人が書いたブログをかなり参考にさせていただいた(雑誌の特集は、パリとかローマみたいなメジャー都市ばかりで、ドイツとかベルギーみたいな国の街の企画は殆どない)ので、恩返しというか、僕の記事が誰かの旅の参考になれば良い。と、いう思いから。

3,日本の大都市の都市計画や、地方の街の景観は、昨今、やばいところに差し掛かっています(スラム化が進んでいますよね)。
21世紀の産業は、工業(製造業)から第三次産業(観光とかのサービス業)に移行しつつあるのは世界中どこの国も同じなんだけど、日本政府が言うところの『観光立国』のビジョンは相当厳しい。日本の風景は観光客に魅力的でないのは言うまでもないが、ここで暮らしている日本人にも悲しい現実(風景)を突きつけている。
まあ、こんな理由が上げられますが、一番切実なのは、三番でしょうか?
僕らの世代は新幹線などというものが出来て、田舎から東京などの大都市に修学旅行などで出て来て、憧れて、やがて大人になり、都会に住み着いた人間が多かった訳ですが、今の子供達が修学旅行などでヨーロッパなどに行き、日本の現実との落差を知ったら、今度は日本を離れ海外に移住を考える人が沢山現れそうな気がします。
そうすると、日本から若者が逃げて行く=税金が減る=財政が増々厳しくなる=年金など論外。という未来が待っているわけです。

事実、現在過疎化が進む日本の地方都市で は、他所からの人口争奪戦が始まっていますが、これは、日本の中の話だけではなく、世界中の都市で海外からの人口争奪戦が始まっています。それぞれの都市の魅力をアピールして、優秀な人材を招き入れ、財政を潤すという、、、。
と、いう事は住んでみたい魅力的な街をいかに築き上げるかが、21世紀のかなり重要な仮題になるのではと思われるわけですが、ここで日本は政治家がセンスがないからと、責任を押し付けていても始まらないわけです。
さて、近頃入手して感心した本をここで紹介しようとおもいます。
europe.jpg
タイトルは「ヨーロッパの町と村」。かなりの量の写真とつぼを突いた解説がなされています。
以下、説明を本書の解説より転写。
『本書に掲載した多数の写真は、ヨーロッパの小さな町や村の伝統的な佇まいを伝えるもので、日本の町や村をヨーロッパと同様に、美しく繁栄させ、甦らせていくための手がかりとして役立てていただくことがねらいである。日本の町や村の多くは、まちづくりに多大な努力が払われているにも拘わらず、日本のシステムのもとでは、その努力が報われていない例が多く見られる。本書の副題を、メそのデザイン、アメニティ、プランニングモとし、解説やコラムにおいても、あえて日本の問題点に言及するなど、本書が日本のまちづくりに機能して欲しいという願いを込めた構成とした。』
と、ありますが、日本で現代建築のカリスマのように思われている、ル・コルビジェの集合住宅が、実は、世界中の住宅計画と都市デザインに深甚な悪影響を及ぼした。などと興味深いコラムが掲載されています。是非、本屋さんで見かけたら手に取ってみて下さい。





posted by 新策論 at 17:20| Comment(1) | TrackBack(1) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。
サイトがリニューアルされて、とってもすてきですね。ショップもできるのでしょうか。これから楽しみにしています。

ヨーロッパの街、特に地方の小さな町へ行くと、都市というものがどのように成立したか、というのが一目瞭然ですね。城壁があり、広場ができ、教会がどこからでも見えて。
日本では、景観条例があっても強制力はないし、高さ制限もゆるく、看板やネオンサインの色など、ほとんど自由ですね。

ヨーロッパの都市はとてもきびしく制限していて、住民も住み難さを我慢しながら、守っていますね。
日本ではできるかなあ。紹介された本、読んでみたいと思います。
Posted by あさひな at 2006年08月22日 11:57
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

ヨーロッパの町と村―そのデザイン、アメニティ、プランニング
Excerpt: ヨーロッパの町と村―そのデザイン、アメニティ、プランニング 観光名所にはあんまり興味がなくて、 そんなものより(…そんな...
Weblog: もぼなもな書房
Tracked: 2009-09-09 18:34