2017年11月29日

「悲嘆の門」

本日、新潮文庫の新刊宮部みゆき著「悲嘆の門」が発売されました。
悲嘆の門モノトーン2.jpg 
さて、今日インターネット上に溢れる情報の中には放置していたらヤバイものが沢山ありますよね、
例えば、陰湿ないじめ、自殺サイト、テロ、フェイクニュース、違法ドラッグ、児童ポルノなどなど、
そのような犯罪に発展しそうなものを監視し、調査するサイバーパトロールが重要なのは言うまでもありません。
そこで、その手の仕事を専門とする会社に、若い人達によって運営されている『クマー』という一風変わったネーミングの会社があります。
今回は、そのクマーでバイトをしている大学一年生の男子、孝太郎が主人公です。
悲嘆の門(入稿).jpg
物語の舞台は御茶ノ水だったり、西新宿だったりとリアルな東京なのですが、その平凡な日常の中にひたひたと不気味な闇が忍び込んでくる様は、
模倣犯などと同様、これぞ宮部節というスピーディーな展開!
どんどんとページをめくらされる事になります。
しかし、そのリアルな世界に突如、異界がパックリと口を開けて、読者をもう一つの世界に引きずり込むのが今回の「悲嘆の門」の特徴でしょうか?ミステリーとファンタジーが混じり合った異様な空間。
装画はそんなムードをダークなトーンで描いてみました。
IMG_0674.JPG
副都心のビルを背景に聳える西洋の塔を模した通称『お茶筒ビル』。
その廃墟ビルの頂上にはガーゴイルがこちらを見つめてしゃがんでいます、、、、。
また、右側にはタイトルと思われる『門』が聳えていますが、脇を囲む柵は『矛盾』。
つまり矛と盾で出来ています。どこまでが現世でどこからが異界なのか?この、摩訶不思議な世界を是非ご堪能ください。
IMG_0678.JPG
IMG_0677.JPG
今夜あたりから、どどっ本屋さんに並んでいます。
お値段は上670円中630円下670円三冊合計で1970円です。
どうぞ、お手にとってお確かめください。
posted by 新策論 at 22:24| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月24日

「秘密の知識」

25日(土曜)午後5時から6時まで「秘密の知識」と題してトークを行います。
1,最初は美術史における発見としてBBCなどでも放映された、デイビッド・ホックニーの「Secret Knowledge」からアングルやフェルメールが使っていたカメラルシーダやカメラオグスキュラなどの光学機械について話します。
51QY86Q7NHL._SX397_BO1,204,203,200_.jpg
2、次は「土と釉薬」「土性絵の具とニス」というテーマで陶芸と絵画の類似点について。
309_01.jpg
3、「美術と美顔術」
ルネサンス期から皮膚の下地として使われたテルベルト(イタリアのVerona(ベローナ)近くの緑土)が現代でも泥パックとして美顔術に使用されていることについて話します。
images.jpeg
3、「鏡のゲーム」
一つのデッサンが反転されて左右(上下)対象に作図される構図は、現代ではフォトショップなどで行われています。
しかし、実はすでに15世紀頃からフレスコ画で行われていました。
CYCDW1gU0AA8lO6.jpg
こんな、テーマで実際の顔料やニス、図版などを使いながら話します。
テレビなどでは放送されないディープな内容です。
この機会に是非。
posted by 新策論 at 09:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月21日

明日より絵本「Le long d’un reflet」の原画展。

いよいよ明日より絵本「Le long d’un reflet」の原画展が始まります。
会場1.jpg
会場2.jpg
会場の設営もほぼ完了いたしました。
原画展販売物.jpg
こちらは会場で販売するパンフ及び絵本です。
宮部さんの装画集が1000円。日本版の絵本「ちいさなまち」が1200円。
フランス版の絵本は現地価格という事で、(132円✖️13,5ユーロ=1782円)ですがキリの良いところで1800円とさせて下さい。
ただし、フランス版のみ数に限りがありますのでお一人様一点とさせて下さい。
また、できればつり銭の無いようにして頂けると助かります。
D坂.jpg
さて、話は変わりますが江戸川乱歩の探偵小説「D坂の殺人事件」をご存知でしょうか?実はこのD坂とは会場の近くの
「団子坂」の事でして、近所にはこんな喫茶店もあったりします。
会場乱歩コーナー.jpg
乱歩ゆかりの地でやる原画展ですので会場のはじにこんなコーナーを設けました。
ルパンコーナー.jpg
おっと、二十面相といえばこの方も忘れてはいけませんよね。
会場の周りも散歩が楽しい商店街や路地がいっぱいです、、、。
どうぞ、お誘い合わせの上、お越しください。
原画展案内2.jpg
posted by 新策論 at 21:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月13日

絵本「Le long d’un reflet」の原画展の詳細です。

絵本「Le long d’un reflet」の原画展の詳細をお知らせします。
原画展案内.jpg
期間は11/22~11/26
場所は谷中の器やさん「韋駄天」さん。
韋駄天2.jpg
一階はこんな感じ、日本各地から取り寄せた和の食器がずらっと並んでいます。
そして、お店の入り口の脇にはスティーヴン・キングの小説「11/22/63」に出てくる、
過去へとタイムスリップする「アリスの兎の穴」のような細い階段があります。
そこを降りた地下ギャラリーが会場です。
会期中「11/22~11/26」は、祝日(勤労感謝の日)と、土日と休日が3日あります。
IMG_0386.jpg
IMG_0428.jpg
会場界隈もノスタルジックな商店街と路地が続く素敵なシチュエーションです。
散歩がてら是非お出かけください。
posted by 新策論 at 21:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月08日

絵本「Le long d’un reflet」

フランスで翻訳出版された絵本「Le long d’un reflet」の見本が届きました。
日仏比較.jpg
まづ、サイズが2割ほど大きくなって存在感が増しました。
しかし、よく見るとウキや釣竿、歩道や人物が水面より浮き上がっていて、
妙にリアルな空間感を感じませんか?
実はこれには、ある仕掛けが施されています。
絵本斜め見.jpg
この、斜めからの写真を見てください。
歩道、人間、建物、ウキや釣竿がある世界と水に映った世界の質感の違いがお分かりでしょうか?
実はこの印刷、「実際の世界」と「水に映り込んだ世界」が異なる手法で印刷されているのです。
離れて見るとなんかリアルな空気感。触れてみると歩道の部分と水の部分の感触も違います。
絵画には油彩、テンペラ、日本画などのジャンルがありますが、どれも顔料(色の粉)を膠や卵で溶いて紙や布に定着していることに変わりはありません。
ただ、メディウム(媒剤)によってかなりテクスチャーは変わります。
例えば、ワイエスの様な人は顔料を蒸留水と卵で溶いて、カラッとに乾いた世界を描きますし、
油絵の具をダンマル樹脂やリンシードなどで溶いて何層も重ねるとガラス質の層が描けます。
「dryな世界とwetな世界」「温かい世界と冷んやりした世界」
この違いをインクとニスを巧みに使いこなして再現しています。
この絵本の日本語の題名は「ちいさなまち」ですからフランス語に置き換えたら「la petite ville」となるかと
思います。
ただ、あえて「Le long d’un reflet」(Le long は沿って、refletは反映)と「水面を眺めながら」みたいな
ニュアンスのタイトルにしたのは実世界と水に写り込んだ世界の面白さに着目したからなんでしょうね。
そういう意味で翻訳出版における編集者やデザイナーの役割とは「言葉とか画像」という素材を加工するという意味で、
料理人にも似た感じもありますね。
絵本背.jpg
絵本見開き.jpg
背と見返しはベージュで、
絵本扉.jpg
ベージュの色面から枯れ葉が白い化粧扉の空間にまい、本編へと続きます。
本文.jpg
「au bout d'un moment,le vent se leve
fshhh! la surface de l'eau se met a trembler」
「しばらくすると、風が吹いて、
フーー!すると、水面が揺れ始めて」
文字は小さな子供でも読みやすいよう、大きめにゆったり組まれています。
著者近影.jpg
巻末、作者のおじさんのポートレイトにも枯れ葉とreflet(反映)が、、、、(笑)。
画集のようなしっかりした造本、パリジャンのエスプリ満載で値段は13,5ユーロです。
追って原画展のお知らせもします。
しばし、お待ちください。
posted by 新策論 at 20:10| Comment(0) | 美術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする