2014年07月04日

グリーン・マイル

スティーヴン・キングの新装版グリーン・マイルが来週から本屋さんに並び始めます。
グリーンマイル下がき低解像度.jpg
17年の時を経ての異なる版元からの出版という事もあり、今までのホラーの帝王という路線とはちょっと違った、家族や友人に朗読したくなるような「大人の為のおとぎ話」みたいなテイストに仕上げました。
お話の中で展開される「奇跡」とか「魔法」というものに対する感じ方も17年前と、ハリーポッターなどのファンタジーを通過した今では若干違うのではないか?なんて思ったりします。
そう言う意味でも昔読んだ方にも再度楽しんで頂けると嬉しいです。
「グリーン・マイル」装画.jpg
カバーで展開されているのは看守と囚人との会話の中に出て来るフロリダにあると言われる
想像上の街マウスヴィル。
そこにあるマウスヴィル・オールスターズ・サーカス(グリーン・マイルに現れた曲芸鼠ミスター・ジングルスが活躍する事になるという「ねずみ大サーカス!」)
と、まあ、説明はこのくらいにして是非本屋さんで手に取って、そしてお楽しみ下さい。
グリーンマイル2.jpg
デザインは名久井直子さん。外国の小さな絵本を手にした時のようなどこか懐かしい感触。
グリーンマイル3.jpg
さて、昨年のキング本11/22/63にはアメリカのストレンジな飲料水ルートビアが登場しましたが、
グリーン・マイルの曲芸鼠ミスター・ジングルスが好んでかりかり齧るのがミントキャンディー。
読書を盛り上げる小道具として味わってみては、、、、(笑)。




posted by 新策論 at 11:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする