2013年11月05日

UNDER THE DOME

スティーヴン・キングの「UNDER THE DOME」文庫版が今週末から本屋さんに並び始めます。
Under ・The・Domeデッサン2.jpg
単行本で発売された時は上下本で二冊でしたが文庫では四冊となりますので、今回は建築で言うところの増築案とでも言いますか。物語の終盤を描く事になる訳ですが、どこまで表紙で説明するか?が難しいところ、、、。
無論キングの小説ですから「村の人々はドームの中で末永く幸せに暮らしたとさ、、、」みたいな結末は想像出来ない事は言うまでも有りませんが、描きすぎたらネタバレで叱られる。
Under ・The・Domeカラー2.jpg
そんな訳で「森の奥で何かの異変が起き、虫眼鏡にあぶり出された蟻のように鳥や鹿達が逃げ惑う」
みたいなシチュエーションを描いてみました。
動物は犬だったり牛だったりでも良い訳ですが、ふと「美しい鹿の死」というチャコの小説を思い出したのでした。
メダカを泳がせた丸い金魚鉢を電子レンジに入れたらみたいなちょっと残酷な状態も想像しながら、、、、。

燃え盛るようにヒートアップするドーム内で死が間近の少女にこんな言葉を投げかけるシーンがあります。
「さあ、目をお閉じなさい。つぎに目を開けた時には、あなたは冷たい川の水に足をひたしてるわ」

つぎに目を開けた時、あなたは『冷たい水を口にする』、のではなく『冷たい川の水に足をひたしてる』という
ところがいかにも「IT」で子供達がダムを作ったシーンを描き出したキングっぽいなと感心したのでした(笑)
アンダー・ザ・ドーム1.jpg
そんなわけで「ドームでせき止められたダム」の1,2巻と「暑い森」の3,4巻並べるとポコポコと夫婦茶碗をふせた様。→二つの頂き→ツイン・ピークス→ばりに面白いアンダー・ザ・ドームTV連続ドラマhttp://www.dlife.jp/underthedome/と一緒にお楽しみ下さい。
King 祭り.jpg

それから、ケネディー暗殺の「11/22/63」から半世紀後の「11/22/13」がいよいよ迫って来ましたね。
こちらのほうは例えばBS世界のドキュメンタリー「シリーズ ケネディの悲劇から50年」http://www.nhk.or.jp/wdoc/yotei/index.html?week=20131111と一緒に読まれると
より深い感動が得られるかも知れません。
11月11日 「ダラスより速報 午後1時JFK死す。
11月12日 強硬派との対立
11月13日 キューバ危機
ま、とにかく秋の夜長をスティーヴン・キングでお楽しみ下さい、。


posted by 新策論 at 21:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする