2011年12月16日

おばんざい

京料理というとビジュアル的にも美しく繊細で手間のかかったものを想像する人が多いかもしれない、
でも、それは料亭とか特別の場所で出す懐石料理の話で普段の家庭料理といえば気取りの無いおばんざい(お番菜)だ。番傘、番茶というように番とは普段のという意味(ちなみに、「おばんどす」は今晩はの意味だけど)。
 また、おばんざいの中でも煮物のことを「たいたん」と言う。炊いたん。炊いたもの。という事なのだが、近頃雑誌などで良く目にする「ほっこり系」といえばおばんざいがニュアンス的にぴったりのような気がする。
 先斗町にあるおばんざいと抹茶や和風スイートを出すお店で、「たいたん適当に見つくろって」と言ったら
こんなんが出て来た。
おばんざい1.jpg
菜の花、茄子、おじゃこと万願寺とうがらし、さば。
おばんざい2.jpg
湯葉とかぼちゃのたいたん。
 実は大のおばんざいファンで家にもレシピが何冊かあって自分でも作るし、外でも食べたいのだが東京では今ひとつ普及していない。健康にも良さそうだし、やればきっとうけると思うんだけど。
昆布と鰹節でだし汁さえ作っておけば、あとは野菜を切って醤油や酒で味付けして適当に煮込めばたいたんの出来上がりなのだから、、、、。
しかし、このお店なんで居酒屋とスイーツが同居しているのか?と尋ねたら、、。
居酒屋だけだと、高齢化社会の憩いの場になってしまい、なんにも注文せず何時間もいる人が結構いるそうだ、
そんな時にガイドブックをもった若い女子が入って来るとガラリとみせの空気が変わり、席を空けてくれるのだそう。
どんな、商いにも悩みは付きものなのだ。
杜氏.1.jpg
ところで、話は変わるがここで飲んだ日本酒がかなり美味かったので尋ねたら、こんな見かけないラベルのお酒が出て来た。
店主の話によるとカリスマ的な杜氏が仕込んだお酒なんだと、、、。
杜氏ってサッカーに例えたら監督と言えば良いのか?
チームが蔵元で、選手が蔵人。
同じチームで同じ選手なのに、新しい監督が来たらガラっと変わったって事があるように、
同じ酒造で同じ米で作っても杜氏が変わると全然違うものが出来るらしい。
杜氏.2.jpg
さて、そのカリスマ的杜氏がこの人青木卓夫さん。
なるほど「渋い!」って叫びたくなるような方ですね。
杜氏.3.jpg
蔵の前での蔵人との写真もなんかドラマのスチールのよう、、、。(笑)

というわけで京都のご報告これにて終了。付き合ってくれておおきに。
湯豆腐.jpg
ほな、風邪引かんよう湯豆腐でも食べてあったまってや、ほっこりな。
posted by 新策論 at 09:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする