2016年10月06日

文庫版『11/22/63』

 本年度のキング祭りの第三弾文庫版「11/22/63」が明日から本屋さんに並び始めます。
「11/22/63」とは1963年11月22日の事。つまりJFKことジョン・フィッツジェラルド・ケネディが
テキサス州ダラス市内をオープンカーでパレード中多くの市民が見守る中何者かに狙撃され死亡した日
の事をさします。

11.22.63文庫カバー(入稿).jpg 
 物語は高校教師ジェイクがよく行くダイナーのオーナーからある事を頼まれるところから始まります。
オーナー曰く「ここ(アルス)・ダイナーの食料庫に(アリス)の兎の穴があり、そこから50年前の世界に行く事が出来る。俺はそこ(50年前の世界)に行って牛肉を安く仕入れて来てはハンバーガーを作っていたんだ。只、自分は病で老い先短い。そこで、あんたにお願いがある。
50年前の世界に行って「11/22/63」のケネディー暗殺を阻止してくれないか」、、、、、、と。
 
 ここから高校教師の果てしない時間旅行が始まるのですが、折しも日本版の単行本が発売された2013年秋は1963年から丁度半世紀たった年でアメリカでは様々な記念式典が催され、またJFKの娘さんであるキャロライン・ケネディーが駐日アメリカ合衆国大使に就任した年でもありました。
そして、年末に行われた『このミステリーがすごい!』と『週刊文春ミステリーベスト10』ではそれぞれ一位に選ばれました。
 ですから「11/22/63」は面白さという意味では当然保証付きなわけですが、自分のように無知な人間にとっては「面白い」というよりむしろ「勉強になった」という印象が残りました。
と、言うのも(言い訳がましくなりますが(笑)美大という所は入試科目が現国と英語と実技のみという関係上、歴史の教養がずっぽり抜け落ちていて、ましてや戦後現代史などについては全く疎い)。
 例えば「東西の冷戦」なんて言葉こそ知っていますが、それがどういう事だったのかと問われたらかなりきびしい。
ですから、ケネディーが1962年に成し遂げたキューバ危機の回避の場面などは現実の話と理解しつつもとてもスリリングに読みました。

アメリカとソ連の間で核戦争が勃発しそうになり広島型原子爆弾の数百倍に達する核爆弾が用意されていた。その威力たるや第二次世界大戦中に全世界で使われた総爆薬量の10倍。もし核戦争が起こっていたなら、数億の人が死んでいたかもしれない。
その頃の自分と言えばのどかな田舎でまだ幼稚園児だった。もうすぐ夢の超特急(当時新幹線の事をそう呼んでいた)が走り、日本はオリンピックを前にして空前の好景気だった。
そんな頃海の向こうで「世界の終わり」が迫り来ていたとは、、、、。

 また、ジェイクが50年前の世界でガソリンスタンドのトイレに入って行くシーンも印象的だった。まず二つの扉に「ご婦人用」と「殿方用」。ここまでは普通なのだが、その他に「coloured(有色人種)」という矢印があって辿ってゆくと小川に辿り着くという、、、、。
ケネディ。ブログ.jpg
さて、装画ですが単行本の時は上下本の二冊でしたが、文庫では上、中、下の三冊になったので左右を三割程
拡張したワイド・バージョンになりました。それにより単行本の時より「過去→現在」「country→cityという
タイムトリップ感が増した様に思います。
 装幀デザインは石崎健太郎さん。上、中、下の三冊にそれぞれ11,22,63が大きく配されたデザイン。
十月七日発売。定価は上が890円+税。中と下が950円+税となっています。

 また「11/22/63」http://www.star-ch.jp/112263/はJ・J・エイブラハムの監督で全9話からなるドラマシリーズがスターチャンネルで放映されています。見所は何と言っても60年代の世界なのですが、そのエキストラの数たるや1700人(当時の髪型、化粧で服装に関しては下着から当時のものを着用するという徹底振ぶり)また用意された当時の車の数がなんと2000台。こちらの方もよかったら是非。


posted by 新策論 at 17:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月18日

ミスター・メルセデス

丁度去年の今頃でした、ツイッターのタイムラインに「スティーヴン・キング  エドガー賞長編部門賞受賞」という記事が流れて来ました。
キングがアメリカの文学賞をとる事はさほど珍しい事ではありませんから、その時は何も考えずリツイートしました。
でも、ちょっと経ってから「あれ?さっきのおかしいぞ、エドガー賞は日本の作家もノミネートされた事があるミステリーの賞だ、
キングとは無関係のはず」 すかさず削除しようと思ったのですが、ちょっと、待てよ、まさかそんな事は無いだろうけど?
と、ググってみたのですが、、、、。
その、まさかが来週発売になるキング初のミステリー大作「ミスター・メルセデス」なのです。

 ただ、ここでファンタジー、ホラー、ミステリーなど、エンタメ小説の違いって何なの?と、いう事について簡単に触れておきますと、、、、。

例えば、今、自分は世田谷の家で椅子に座っていますが小説の中で五分後に東京駅まで移動しようとします。

ファンタジーだったらこれは全然オッケーですね、
帚に股がって空を飛んでも良いし、窓の外に猫バスがくるかもしれない、また、東京駅はおろか
どんな異世界でもすっと行けるのがファンタジー。
魔法の世界のお話ですからね。

次に、ホラーはどうかというと、これもオッケーですね。東京駅にいた俺はドッペルゲンガーだとか、
双子の片割れだとか、身体から魂だけが離脱したとか、いくらでも理屈は付けられます。
超能力とか、予知夢、呪い、幽霊、吸血鬼など現在の自然科学の知見では説明できない世界を描いたジャンルですからね。

でも、ミステリー小説で世田谷から五分で東京駅に移動は無理かと思われます。
電車は論外。自動車では時速何キロ?信号は幾つある?
ヘリコプターなら?ヘリポートは何処のにある?と、
「現実」に即して「科学的」に「論理的」に進行するのがミステリー小説ですからね。

それぞれ違ったルールのもとで面白さ競っているんですね。
 
ですから、キングの様に「恐怖の帝王」として吸血鬼とか、呪われた館とか幻想の世界で勝負して来た人間が、
突然全然違う畑で初のミステリー小説を書き,アメリカ推理小説最高権威であるエドガー賞を受賞したという事実を確認した時は、
まるで「ローリング・ストーンズが初のジャズアルバムでグラミー賞受賞」みたいな冗談を突きつけられたような感じでした(笑)。

ミスターメルセデス本番下書き軽い.jpg
さて、内容はと言いますと、ある日市民センター(日本でいうところのハローワーク?)に職を求め深夜から並んでいた人々の列に
霧の中から現れたメルセデスベンツが突っ込んで、数人を跳ね、轢き殺し霧の中へ去って行きます。
車自体は程なく発見されるのですが犯人はまんまと逃走。

この事件を追跡していた刑事ホッジズはついにこれを解決出来ぬまま無念の定年退職。

そして、退屈な日々を自堕落に過ごしていた退職刑事の元に「メルセデスキラー」と名乗る犯人らしき者から一通の手紙が届きます。
犯行の全容を振り返る気色の悪い内容。最後は「ざまを見やがれ、負け犬」と締めくくられています、、、。

しかし、引退後無気力に過ごしていた身に突きつけられた挑発に以外にも、むくむくと気力に満ちて来た自分に気づきます。

そして、この未解決事件の捜査の続行をある女性からの依頼される事になるのですが、、、、。
ミスターメルセデス本番イラスト完成3.jpg
ベーコンと固焼き卵の朝食をガッツリ食べるタフな刑事が主人公で、美女も登場となると、
「おっ、もしやこれはキング版フィリップマーロー?」なんて期待も湧いて来ます。
当然ハードボイルド的にも楽しめますが、これは過ぎ去りし良き時代をノスタルジックに語る小説ではなく、あくまでも舞台はリーマンショック後の現代のアメリカです。
探偵とメルセデスキラーとのやり取りも最初こそ「手紙」というアナログな手段が取られますがその後は、メールでも、ラインでもなく、有料のアプリが用意されます。
また、数々の犯行も素人には到底想像も及ばないハイテクを駆使した手口ばかりですから
すこぶるコンテンポラリー(今日的)なクライム・ノベル(犯罪小説)とも言えますし、
犯人はかなりやばい変態サイコパスですからサイコ・スリラーとも言える。
読者の受け取り方で色々な楽しみ方が出来るミステリー大作です。

さて、これだけでも驚きなのですがこの物語がこの一作で完結するのではなく。
探偵ホッジズ三部作(ホッジズ・トリロジー)として書かれたもので、
すでにアメリカ本国では三部が箱入りで発売されていると言うのですから、キングという人は怪物なのではないかとも思えて来ます。

ブログ写真.jpg

装幀デザインは石崎健太郎さん。カバーから表紙、見返し、化粧扉とまさにcool!なデザイン(紙選び印刷)が施されております。
帯の紙もパールがかったきらびきのような紙が使われています。どうか、書店でお手に取ってお確かめ下さい。


夏の暑さも一段落して季節は徐々に読書の秋へ、『ミスター・メルセデス』
八月二十二日発売。定価は上下巻それぞれ1850円+税となっております。

都心の書店ではそろそろ並び始めている模様。
どうぞ、是非御堪能下さい。






posted by 新策論 at 18:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月01日

ジョイランド

 スティーヴン・キングは小説の内容だけでなく時に出版の形態にまでこだわったりします。2000年には「Riding the Bullet」という小説をいち早くe-bookという形で世に出しました。あれから十数年経ち、キンドルなどが普及した昨今、今度は「書店に足を運んでもらうため」という理由で印刷物のみのアナログオンリー出版(音楽でいうところのヴァイナルオンリー)にこだわりました。それがこの「ジョイランド」です。
Joyland 最終下描き(軽).jpg

 内容はと言いますと、ホラー風味の青春小説とでも言いましょうか、青春小説といっても「スタンド・バイ・ミー」や「IT」などのボーイズライフものともまた異なる恋愛小説であります。
時は1973年夏。彼女に振られた21才の男子学生がその失恋の痛手を忘れるべくジョイランドという地方の遊園地で着ぐるみを着てのバイトに明け暮れています。
街全体を見下ろす観覧車やメリーゴーランド、占い師、園内をスピードグラフィックカメラ(古いハリウッド映画なんかで新聞記者が抱えている大きなカメラ)を持って客の写真を撮って廻るハリウッド・ガールズ。
一見オモチャ箱をひっくり返したような賑やかな夏の遊園地。
しかし、実はそこには忌まわしい過去が、、、、、と、まあ、内容はこれくらいにして。
そして、語り口は今や60才を過ぎた男が40年前の夏を思い出すような形で語られています。
ジョイランド(ウェブ).jpg

キングがノスタルジックに描く70年代といったらおそらく当時の音楽をふんだんに盛り込んだ小説なんだろうなという予想どうり行間から当時のロックなどが流れて来ます。
で、そう、このカバー絵もロック好きな人がみたらあのプログレの名盤のイントロが脳内再生を初めているのかもしれませんが、実はこれこの小説には関係ありません。ただ、キングのホラーハウスでもあるし館内からの「キャー」という叫びを表現したくクリムゾン・キングを壁面にくっ付けてみました(笑)。
IMG_6508.JPG
アメリカでは「サマーリーディング」という言葉があるそうですが、夏の休日などにぴったりな本です。
過ぎ去りし夏を懐かしむ方も、また、青春真っただ中の方も是非「ジョイランド」を!
七月八日発売。丸一日遊べて入園料は860円+税となっております。

posted by 新策論 at 17:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月09日

ケン・フォレット歴史絵巻「百年三部作」完結

ケン・フォレット渾身の歴史絵巻「百年三部作」がこの度完結致しました。
巨人達の落日(全刊)軽.jpg
まづ第一部「巨人たちの落日(Fall of Giants)」は第一次大戦を巡る人間模様を描いた文庫三冊組、
凍てつく世界(全巻)軽.jpg
そして第二部「凍てつく世界(Winter of The World)」はベルリンにヒトラー・ナチスが台頭しファシズムの機運がヨーロッパの至る所で盛り上り、第二次世界大戦が終結するまでを描いた文庫四冊組。
永遠の始まり(全四巻)軽.jpg
そして第三部「永遠の始まり(Edge of Eternity)」は六十年代から始まります。東西の冷戦、公民権運動。ケネディが、キングが、そしてジョンが銃弾に倒れ ベルリンの壁が崩壊するまでを描いた文庫四冊組。
百年三部作軽.jpg
「百年三部作」計十一冊。ページにして約5500ページ程。存在自体がベルリンの壁のよう(笑)。
ドキュメンタリー番組「映像の世紀」を見ているようでもあり、また我々の今日が膨大な死者の上に成り立っている事にも驚きを覚えます。
書店に行かれたら是非手に取ってみて下さい。
posted by 新策論 at 19:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月01日

血の弔旗

血の弔旗下がき.jpg
1966年夏。午後九時を少しまわった頃。
目黒区碑文谷のサレジオ教会の近くの屋敷に強盗が入った。
賊は三匹の番犬を毒殺すると現金11億円を奪い逃走。
さて、犯人は一体何者?
と、いうと普通の犯罪小説になっちゃう。
そうでなくて犯罪を犯した本人が主人公で用意周到に企てられた完全犯罪が、
十数年の時を渡って少しずつ少しずつ崩れて行く過程を綿密に描いた小説です。
そこで一体この「血の弔旗」という意味深なタイトルの意味するところは何でしょう?
と、いう事になるわけですが、、、、。
それを言うとネタバレっぽくなるので、気になる方は読んでみてください。
血の弔旗.jpg
デザインは日下潤一+赤波江春奈さん。
580ページとかなり分厚く定価は2200円です。
posted by 新策論 at 16:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月29日

新装版「魔術はささやく」

魔術はささやく1.jpg
ギキーーィィイイ(ブレーキの音)
ドッカーン(追突)
ウィーーーーウィーーー(パトカーのサイレン)
時折街でおきる悲惨な事件。
魔術はささやく2.jpg
しかし、この若い女性は何故信号を無視して車の前に飛び出したのだろう?
何者かに追われていたのだろうか?
視線を左にずらすとガード下の壁に魔術師のような影が、、、。
もしかして魔術師がいて彼女に何かをささやいたのだろうか?
もしそうだとしたら何の理由で?
何が目的で?
魔術はささやく3.jpg
1989年に出版された「魔術はささやく」の新潮文庫新装版が出来ました。
今から25年前、宮部みゆきさんがまだ20代の頃の作品ですが複雑な構成といい、
緻密な細部の描き込みといい、まさに今の「ソロモンの偽証」などのミステリー小説の原点という作品です。
デザインは新潮社装幀室の児玉裕子さん。
今回は昭和に書かれた作品という事もあり絵柄もデザインも若干レトロな感じを意識しています。
魔術はささやく4.jpg
帯も4色+特色の五色刷で背の文字が手書きだったりと凝った作りになっています。
どうぞ、本屋さんで手に取ってお確かめ下さい。
img_0.jpg
さて、話が脱線しますがこの写真を見て下さい。
なんか、有楽町や新橋に比べると道が広いし文字も読み慣れない?
そうこれはベルリンの高架下なのですが、実はあの日比谷あたりの高架下は
ドイツのデザインを模したのか実際ドイツ人が設計したか?という話を以前聞きました。
そう言えばあそこって昔からドイツビアホールがあったりしますよね。
images-1.jpg
01678032202.jpg
また、東京駅はアムステルダム駅と印象が近いし東京のモダン建築とかレトロ物件と言われるものは
どこかヨーロッパの匂いがしますね。

最後に色を塗っている時思った単純な疑問。
赤信号、黄信号、青信号って言うけど正確には青というよりエメラルドグリーン信号ですよね。笑。
posted by 新策論 at 20:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月05日

ドクター・スリープ

 スティーヴン・キングの新刊「ドクター・スリープ」がいよいよ来週6/11より本屋さんに並び始めます。
あの名作「シャイニング」の続編という事もあって首を長くして待っていらっしゃる方も多いようです。
キングファンでない方でも「ああシャイニングって原作は読んだ事無いけど昔ビデオで見たな」って方は多いかと思います。
あのキューブリック監督による映画の中でホテルの廊下を三輪車に乗って走って、双子の少女の幻に出くわしていたダニー坊やが、あれから三十数年の時を経て立派な?大人になって帰って来ます。
 立派な、の後に何故「?」が付くかというと、まずシャイニング(かがやき)という世間の健全な人間には備わっていない特殊な能力を持って生きて行かねばならぬ状況にある事。
そして、やはりというか父ジャックゆずりのアルコール中毒は避けられない体質であった事。
シャイニングでは父ジャックの強烈なキャラ(酒飲み、時に癇癪)が印象的でしたが、あの男と母ウェンディーの間に生まれたダニー。
今ではホスピスの職員として、老いた者を穏やかに大いなる眠り(スリープ)につかせる不思議な男として「ドクター・スリープ」と呼ばれています。
ドクター・スリープ統合_小.jpg
さて、カバー絵は山の頂きに立つ今はなき呪われたホテルの背後に月が昇り、その光りに照らし出された子供達(ミニ機関車ヘレン・リヴィントン号に乗っている)を描いていますが、光りとか輝きを描く事は同時に闇を深く描き込む事になります。
西欧では光りと闇のコントラストを用いた絵画のスタイルを「テネブリズム」と呼び、またこのような明暗法(陰影法)のテクニックの事をキアロスクーロ(Chiaroscuro)と呼びます。
「卵」と言ったら日本人は頭の中にすっと線で描かれた楕円を思い浮かべるかもしれません。ものの存在を輪廓線的に漫画的に捉えがちですよね。
でも、古くから遠近法などが普及し物事を3Dで捉える国では、卵と言ったら黒いバックにぼおっと白い球体が浮かび上がる様を想像するのかもしれません、写楽が描いた役者絵とフェルメールが描いた青いターバンの少女なんかを想像してみると対象的ですよね。

話が脱線しましたが、夜の闇が深ければ深い程月の光りとか朝日の輝きが眩しいように、我々は世界を対比で捉えているかと思います。
光りを描くには闇を、闇を描くには光りを、そして、「善」を描くには当然「悪」を描き込む事になるわけです。
物語は後半、ダニーと同じ様なかがやきの能力を持つ少女アブラと共に、かがやきを持つ子供達を餌食にして生きながらえている闇の勢力との戦いに雪崩れ込みます。
強力なかがやき(シャイニン)とどす黒い闇の対比、、、。

ドクター・スリープ5.jpg
デザインは文春デザイン室の石崎健太郎さん、いつもながらの大胆かつ繊細な仕事。細部まで神経の行き届いた造本。帯はウェブでご覧になるとクリーム色の印刷に見えますが、実際はカフェラテ色のクラフト紙を使っています。カバー印刷も以前のようなつるっとした感触から、ややざらっとした手触りに仕上がっています。
また、扉にもお楽しみな手触りが、、、、。
ドクター・スリープ4.jpg
この内容、重量で定価は(本体1800円+税 )です。ぜひ、本屋さんで手にとってお確かめ下さい。

最後に絵を描いてる最中なんどか再生した歌。キングが「シャイニング」を描く際に着想源になったと言われている(ほんとはどうか知りませんよ)ジョン・レノンの「インスタント・カルマ」をお聞き下さい。

「Well we all shine on Like the moon and the stars and the sun」
「そうさ、僕等みなかがやいている、月のように、星のように、太陽のように!!」
posted by 新策論 at 16:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月19日

原画展いよいよ。

いよいよ明日(というか今日)から原画展が始まります。
原画展1.jpg
神楽坂の古い洋館を改造したアユミギャラリー。クリスマスモードで皆様をお待ちしてます。
原画展3.jpg
原画と一緒に展示してある文庫本は元通りに返して頂ければ立ち読み可です(笑)
なお、フライヤーではお伝えしてなかったのですが、初日19日の午後6時から9時までささやかなパーティーというか飲み会を致します。どうぞお気軽にお立ち寄り下さい。
原画展4.jpg
また、ギャラリーのご好意により最終日の24日のクリスマスイヴにも午後6時から9時までもささやかな
パーティー行います。こちらもお気軽にご参加下さい。
会場BGM.jpg
ちなみに会場BGMのプレイリストです。
では、皆様お待ちしてます!
posted by 新策論 at 02:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月17日

原画展カタログ

明後日の19日から24日まで神楽坂アユミギャラリーで開催する原画展のカタログが出来上がりました。
A4サイズで30ページ。
表紙の紙はヴァンヌーボー195kgを使用。高精細280線で印刷しました。
原画展カタログ1.jpg
本文部分の紙も同じくヴァンヌーボー135kgを使用。
原画とパンフ2.jpg
原画と比べてもかなりの再現度です。
原画展カタログ.3.jpg
こらは、文庫本と比べたところです。かなりの迫力です。
原画展カタログ.4.jpg
時代物はこんな感じ。
原画展カタログ.5.jpg
ファンタジー小説の挿絵もたくさん掲載しました。
デザインは新潮社装幀室の黒田貴さん。
定価は税込みで1000円です。
是非、会場で手に取ってご覧下さい。
posted by 新策論 at 20:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月10日

原画展フライヤー

19日から始まる原画展のフライヤーが出来ました。
原画展フライヤー1.jpg
三つ折りの葉書サイズで広げるとこんな感じ。
原画展フライヤー3.jpg
裏はこんなかんじです。
原画展フライヤー2.jpg
デザインは新潮社装幀室の児玉裕子さん。
単行本のカバーによく使っているミスターBという紙に印刷しました。
知人のところには発送済みですが、もし、欲しい人がいたらメールでご住所を知らせてくだされば発送します。
posted by 新策論 at 10:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする